« 芝桜園「花の森・徳重」今朝の風景 | トップページ | ブログ再開に電話やメールが来て有難い事です。 »

2014年7月27日 (日)

親父の死と向き合おう

このブログは4月5日で止まっておりました。

この日妹からの電話が有り、親父の急変を知り、病院へ向かいましたが、

呼吸が乱れ、はあはあの状態で、酸素吸入をしておりました。

私とお袋と家内とが到着したことがわかるようで、うなずいておりました。

この10日には、外泊許可をもらい、12日の第2回蒲生・花の森祭りの中で

挨拶しようと張り切っていた親父が急に悪化し、この時この世には神様も仏様も

存在しないのだなーと思ってしまいました。

12日に祭りをした方がいいの?しない方がいいの?私は親父に聞いてしまいました。

親父は”しっくれ””絶対しっくれ”と、か細い声で私に耳打ちしました。

あと一週間の命、12日が丁度一週間目、こんな難しい決断をしろと言うのか!

親父は、私の問いに答えて後、きっと計算をしたんだと思います。

4月6日午前12時58分、帰らぬ人と成りました。

あの時、祭りの話をしなければ良かったのではなかろうか!

このブログにむかえない自分がいます。

親父が亡くなり、100日以上が経ちました。

通夜、葬儀、祭り、初七日、49日、100日、鹿児島市より蒲生へ転居、会社の取締役

退任、もうすぐ初盆を迎えます。

ほんとに慌ただしい日々、芝桜の手入れも待った無しです。

今”アナグマ”との戦いまで参戦、昨夜12時半に寝て、ここ2~3日続いた、早朝の

草取りにおきれず、家内だけが、づっと続けて草取りを実行しています。

今朝は日曜日、良し、今朝こそブログに向かおう!そんな気持ちでこのブログに

心を向けました。これから親父の苦労を沢山、沢山経験することでしょう。

今年やっと育った芝桜が”アナグマ”?に攻撃をくらい、一部の場所が全滅です。

今までにも何回ともなく、親父が嘆いていました。”アナグマ、モグラ、イノシシ、タヌキ、

こんなに大変な事だったのか?草だけでも大変なのに、今日一歩前進した私に

頑張れよと言い聞かせながら、”お父さん、今日もアナグマにやられているよ”

と言う家内の言葉をとても強く受け止めて、ブログ再開の挨拶にしたいと思います。

”アナグマ”対策何か無いでしょうか!

« 芝桜園「花の森・徳重」今朝の風景 | トップページ | ブログ再開に電話やメールが来て有難い事です。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親父の死と向き合おう:

« 芝桜園「花の森・徳重」今朝の風景 | トップページ | ブログ再開に電話やメールが来て有難い事です。 »